Fallen leaves      

 

 

散り去く街路樹を果無(はかな)む比(ころ)は

人生(とき)の終ての近きを覚える

降り積む恋心伝える術は

吾れの想い文に綴る

 

凍える掌で掴んだ落ち葉は 何も云わずに逝きたり

然れど 生命(いのち)は亦(また)生まれ 愛を咲かせる

 

同じような暮らしの中にも澤山 夢を覧()る 秋を終えても

待っているような旅人達も 再三噎(むせ)び哭()く


散り去くBrown leaves 舞い上ぐ朝は

鐘の響き風が運搬(はこ)ぶ

 

隔てる路地裏で屈んだ我が娘は 夢も持たずに彷徨(うろつ)き

然れど陽光(ひかり)は亦生まれ 恋が萌芽(めば)える

 

同じような暮らしの中にも澤山傷を負う 闇、逃れても

訪れるような苦悩(くるしみ)で在っても 淡々 乗り越える

 

冬も知れず枯れた木々は 何時の日か甦る 其の日を信じて…


同じような暮らしの中にも澤山 夢を覧()る 息が絶えても

愛し合うような 恋人達も 再三 噎び哭く

ここには全ページに

共通の項目が表示されます。

 

<利用例>

What's New!

 

<利用例>

お問合わせはこちらから