たぬき  Key:D

作詞:山下優一 作曲:山下優一&松内功太

狸の死骸に水をやる そうすりゃ次第に金が生る
有り得ぬことなど有り得ない 狸が青空泳いでる

鎌倉時代の風が吹く 現在(いま)では機械も心を持つ
終わった夢が有ればこそ 新たな明日が作られるんだ

ほら騙された。弛まぬ努力も水の泡。
今現れた。揺蕩う生命(いのち)の長良川。
ほら訪れた。はためく最古の夫婦岩。
いざ鎌倉。冠位十二階は寧ろポップだぜ!

狸の誓いをフミニジル それを境に夕立が降り続ける

嗚呼 絶滅危惧種の青と緑の狸
今見つめよう 光と影の喧嘩

ほら貶された。本当の答えは風の中。
今又消えた。曝してナンボの化けの皮。
カラスが鳴いた。黄昏賑わすゴミの山。
何故山形。さくらんぼ色の空手チョップ!
ほら四面楚歌。汗水・涙も水の泡。
今流された。躊躇う気持ちの信濃川。
ほら破られた。許可なく荒らすぞ、他人(ひと)の庭。
いざサヨウナラ。捕らぬ狸の皮算用さ!

ここには全ページに

共通の項目が表示されます。

 

<利用例>

What's New!

 

<利用例>

お問合わせはこちらから