さわやかな心地  Key:F


ガンバっているのに ”ガンバレ”と云われる

それが激励でも 罵倒だと思える

自分がキライでも 最愛の人物は僕

それじゃ矛盾するけど 仕様がないと逃げる


仔犬、瞬き、友、泥塗(まみ)れ

朝昼晩宵、夕方、暁

夜桜、ほろ酔い、雨宿り


それは

憂き世離れの優美な景色

渡る世間に鬼はなし

求めているのは僅か癒し

明日(あした)はだれが笑うか?


懸命でいるのに ”精出せ”と云われる

たとえ激励でも 心が折れる

気分は不良でも 誰の前でも”スマイル”

それじゃ誤解するかも!? 苛立ちは増える


家鴨、山吹、琴、蝉時雨

赤白黄緑、銀(しろがね)、紫

そよ風、川沿い、古都巡り


あれは

心配りのできる奴

笑う門には福来たる

行儀良ければ悪に勝つ

さわやかな心地がする


(間奏)


それは

憂き世離れの優美な景色

渡る世間に鬼はなし

求めているのは僅か癒し

明日(あした)はだれが笑うか?


[key:G]

疑わずにはいられぬ時代(とき)

先ずは自分を信じるべし

鬼も見惚れる優美な景色 

さわやかな心地がする

ここには全ページに

共通の項目が表示されます。

 

<利用例>

What's New!

 

<利用例>

お問合わせはこちらから