さよならはエイト・ビート 作詞作曲:山下優一  key:D

薄暮に冬の雨 心に沁みていく
別れの言葉 交わさないまま 去りゆく君は 雲の彼方

何もないふりして見えても 罪滅ぼしの夢を見る
心に咲く花の名前を君に捧ぐ

愛眼(まなこ)の中にある 僕の姿が戸惑いを与えてないかい?
邪魔をしてるならば 忘れ去ってくれ
だけど次逢えたら 僕の姿が嬉しいに変われるように・・・
いつまでも いつまでも

あの日は仏滅で 何故だか嫌な予感
溢れた何か 拭えないまま 見向きは出来ぬ 哀しい姿

都合良い時だけ遊んで 可愛いと茶化したけれど
本当の本当は君のこと想ってたよ

昨日遠い街で 君の姿にそっくりな面影を見た
幻影(まぼろし)だとしても 後ろめたくなり
路面に目を落とし 肩を落として 水溜まりにはまったけれど
夜の星 気付けたよ

さよなら・・・ See you again・・・ さよなら・・・

愛眼の中にある僕の姿に戸惑いを覚えてないかい?
誇り高き Your Lover 来世の我が夢
もう一度逢えたら 君の涙が嬉しいに変われるように・・・
いつまでも いつまでも・・・

さよならはエイト・ビート

ここには全ページに

共通の項目が表示されます。

 

<利用例>

What's New!

 

<利用例>

お問合わせはこちらから